FAの必要性

  • (1) 個別相談

    いざ会社の売却を考えたとき、売却までの期間や価格等の条件、買い手の存否、従業員にどこまで秘密で進められるか、等悩みは多くあるものです。
    FAに相談し、売却条件のイメージだけでも持っておくのが得策です。

  • (2) 内部資料のご提示

    内部資料の収集は、意外と時間がかかるものです。売却を進めるに当たってどのような資料を集めておくべきかを知ると共に、経営資料をスピーディに収集するフローを作る事自体、売却するか否かに関わらず重要な事となります。

  • (3) FA契約締結

    売却を本格的に進める場合、当社とFA契約をご締結いただきます。
    FA契約締結後は、どんな小さな疑問や悩みにもご対応致します。成約するまで手数料は発生しませんので、何なりとお申し付けください。

  • (4) 買い手候補のリスト提示

    自ら買い手候補を幅広くリストアップする事は、手間と時間を要します。ノウハウと実績が豊富な当社において、効率的に買い手候補をリストアップ致します。また、既に買い手候補側から買収ニーズを伺っている場合もあります。

  • (5) 匿名シートと企業概要作成

    淡々と記載されていながらも、買い手にアピールできる資料の作成ノウハウがあります。
    経験と実績が豊富な当社において、対象企業をアピールする資料作成をしませんか。

  • (6) 買い手候補にアプローチ

    売り手自らが企業の売却話をする事は、大変危険を伴います。売却に動いている情報が取引金融機関や従業員に知られた場合、想定外の事態も発生しかねません。
    売却活動を具体的に行う場合は、FAを活用するのが得策です。

  • (7) 条件交渉

    FAが最も活躍するのは、条件交渉の場においてとなります。
    気持ちが先行しがちな条件交渉において、 FAを介して理論的・合理的に交渉を進める事が、結果として最上の結果を導き出します。

  • (8) 基本合意書の締結

    基本合意書も法的拘束力が無いとはいえ契約の1つ。法的に問題がなくても、ちょっとした言い回しの違いが後々のトラブルを招く種ともなりかねません。ノウハウと経験が豊富なFAのアドバイスをもらい、憂いの無い契約締結をする事が大切となります。

  • (9) 買収監査

    買収監査では、買い手側の会計士、弁護士等から膨大な種類の資料請求があります。また、重複する資料請求もあり、極めて煩雑な対応を求められます。そこはFAを活用し、効率的な買収監査を進める事が得策でしょう。

  • (10) 買収条件の最終調整

    ここで買い手側から最後の値下げ交渉がなされ、ついつい感情的になってしまいがちです。最終交渉はFAに任せることで、冷静な判断をする事が可能になります。

買収契約書の締結


M&Aの進め方

  • (1) 個別相談

    売却のご要望について、具体的にご相談をお伺いいたします。できるだけ具体的なお話をお伺いしご要望にお応えする為、必要に応じまして当社から差入型の秘密保持誓約書を提示いたします。売却可能価格(レンジ)のみのご相談も、お受けします。

  • (2) 内部資料のご提示

    より具体的にお話を進める為、お客様と当社との間で秘密保持契約をご締結の上、売却対象企業の情報について詳細のご提示をお願いいたします。
    この段階で、当社が売却に関してお引き受け可能かどうかの判断をご提示します。

  • (3) FA契約締結

    お客様と当社との間で、対象企業売却について共に進める事を合意した場合、フィナンシャルアドバイザリー契約を締結いたします。当社は特殊ケースを除いて仲介業務は行わず、売り手のお客様にとって最上の結果を追求いたします。

  • (4) 買い手候補のリスト提示

    当社が接触可能な買い手候補企業を、リストアップしてお客様にご提示いたします。その中から、アプローチ不可の先を除外して、アプローチの優先順位を決め、ショートリストを作成いたします。この段階では、まだ買い手候補には接触しません。

  • (5) 匿名シートと企業概要作成

    対象企業様と当社との間で秘密保持契約を締結した上で、対象会社の資料をいただき、当該資料をベースに匿名シートと企業概要を作成します。匿名シートは、秘密保持契約未締結の買い手候補に意向確認をする際に利用します。

  • (6) 買い手候補にアプローチ

    匿名シートを用いて買い手候補を絞ります。興味を示した買い手候補をリストアップし、再度優先順位について検討した上で、最優先の買い手候補から具体的に話を進めます。先ずは、買い手候補との間で秘密保持契約をご締結頂きます。

  • (7) 条件交渉

    秘密保持契約ベースでまずは企業概要を買い手に提示します。さらに興味を持てば、 Information Package を提示します。買い手から買収条件が提示されたら、お客様との条件差を詰める交渉を進めます。

  • (8) 基本合意書の締結

    買収条件について買い手候補との合意ができたら、書面にします。一般的に基本合意書は法的拘束力を持ちませんが、合意内容を書面にして明確化する事で、後々のトラブルを回避する効果があります。できるだけ具体的な条件を盛り込む事が肝要です。

  • (9) 買収監査

    一般的には、財務監査(公認会計士)、法務監査(弁護士)、業務監査(買い手又はコンサルタント)を受けます。必要に応じてシステム監査、人事・労務監査、環境監査等を受けます。スムーズに進める為、事前に資料の準備をしておきます。

  • (10) 買収条件の最終調整

    買収監査によって新たに発見された事項等を考慮し、基本合意の内容に調整を加えて最終的な買収条件の交渉を行います。
    買収監査の結果、企業価値が下がる事の方が圧倒的に多いので、買い手の意向を冷静に判断する必要があります。

買収契約書の締結